下品低俗誤植釣銭間違いスロカスでお馴染みの
同人サークルスフィン子くんと、しっかり者のタカシくん
日記とかマンガ載せブログ。(不定期更新)

参加予定のイベント
11/23(祝・木) コミティア122 す38b
コミティア122.png

12月のコミケ92 抽選漏れ
c93.png


不定期で、コミックX-EROSにショートコメディ
e-008.jpg

2016年12月24日

コミックX-EROS#50


a-キャプチャ.jpg



ようやくだーーー!!

エロマンガデビューだ!

1000Pってイベントのおかげ感めちゃくちゃ強いけど
ようやくエロマンガデビューです^^


茜新社のWちゃんの目に入るかな?


外出用の方のWちゃん。
バールのようなモノを持ち歩かない方。



一時期、現実の女性が好きになれなくて
エロマンガ一辺倒になり、ロリものでしかぬけなくなり、
そこからの都条例改正。

当時コンビニで売っているエロマンガ誌の存在しか知らず、
その条例のおかげかコンビニ売りの成人向けエロマンガ誌は軒並み巨乳だらけ。
その前から、一誌に1.2作品くらいしかなかったけど。

もうああいうのはコミケでしか見れないのか・・・
と呆然と過ごしているときに買ったコミック大王。

そこにめちゃくちゃ面白いマンガがあった。
それが、うさくん先生の読切漫画。

たしかにゃん天堂だったかな?
そこはよく覚えてない。

そして、この先生の他の漫画を読みたいなーって思って
うさくん先生のホームページにたどり着き、
コミックLOを知る。

ほんとあの時は救済の雑誌だと思った。
それほどまで当時はマイノリティ性癖に陥ってた。
時間がたった今は、元にもどったよ。
ロリマンガでも熟女マンガでもどっちでもいける!
うん。幅広くなった^^

そのころ、LO作家全員?によるブログがあってめっちゃくちゃ読んでた。
そしてエロマンガの社会的な風当りが強い事とか知ったり、
LOの名言やら社会的理念の広告などに触れたり。
感慨を受けた。

そのなかでも一番好きなのは、

YESロリータNOタッチ

素晴らしいキャッチフレーズ、素晴らしいスローガン。

この社会理念、僕は思想だと思ってる。
これを貫くためにエロマンガって存在しなきゃいけないんだ!
俺も一緒にエロマンガを守ろう!
この人の元でこの言葉とロリマンガを守るんだ!

その熱意はすごく、絵はかなり上達していったと思う。
ほんと昔の絵ひどいからね。
気分がのったらブログくらいにはアップしたい。

エロマンガ描き始めた理由はこんな感じ。
文字に起こしてみたら割とさっぱりした。
よくエロマンガを好きな理由とエロマンガ描く理由を聞かれるときあるけど
これ。
もっとごちゃごちゃしてるけど、簡略するとこれ。

で、マンガ描いて、持込行って、全然ダメで、まずはデビューする事の方が
大事だな!って思い、自分にあった漫画を描きまくった。
ギャグ、エロギャグですね。
当時まだデッサンの練習すらしたことなかったのに、人体ばっかのマンガなんて
描けるかよ!って今でも思う。今も練習が足らない。

時間が経ち、赤松健先生や山田太郎代議士先生のご活躍のおかげで
当時の危機的状況は回避された事と、女性不振も治まったので
早くエロマンガでデビューしなきゃ!って気持ちはどんどん
ゆるゆるになっちゃったけどようやくデビューできました!

というか、ボクの漫画の作り方が、
ネタ出しがね、全然エロマンガ向きではないの。
編集さん4人にも言われたし、プロのエロマンガ作家にも言われたし
他にもいろんな人に言われる。
そしてたまに自分でもそう思う。

前に、ワニパの時に某エロマンガ作家と話してて
「この設定エロくないですか?」
って話になったの。

俺、その「設定がエロい」の意味がいまだに理解できていない。
とりあえずエロマンガ知能が先鋭化されてないと自分に言い聞かせている最中。


あ、やべ集中力切れてきた。
ちゃんと言いたい事かけたかな?

文なおすのめんどくさいな。

丸亀製麺行くためにお昼抜いてるのよー。
半額だからねー。

というか、その心の師である、
Wちゃん。W編集長に「一般の方が向いてるよ」と言われてるのよ。
漫画めっちゃ面白いって褒められたけど!
それがコミティアで出した「感謝」ね。

中身の説明しないとチンプンカンプンだけど、
「同人誌即売会とエロマンガ誌」のおかげで今日の自分がある
って本を、自分ぽく表現したって感じかな?
まぁまだ既刊30部くらいあるから次のコミティアに時にでも
興味あったら買って下さい。


あああ!もう腹減った!
丸亀製麺いく!

文章、誤字脱字あったらすまそ!
しっちゃかめっちゃか文章だったらすまそ!

後で描きなおすよ!たぶん!

じゃ

posted by しっかり者のタカシくん at 20:30| Comment(0) | 商業情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: